| main | 知覚過敏について(歯がしみる) >>

無痛治療について

 
最近、患者様より、「いや〜、最近の注射は痛くないね〜」と言われることがあります。

内藤歯科では、最新のコンピューター制御の電動式麻酔器を使用していますが、こちらを導入してから、特にそうおっしゃる方が増えてきました。


このような注射器ですが、コンピュータ制御のため、人間の指ではまねできないくらいにゆっくり、麻酔を注入していきます。その為、非常に痛みを感じにくく、また浸透性がよいので、長く効果が持続します。従いまして、当院ではインプラント等の、OPEの術前の麻酔にも使用しており、非常に好評です。

しかし、このような最新式の麻酔でも、中には麻酔が非常に効きにくい方もいらっしゃいます。
例えば、虫歯の強い痛みを我慢して数日経過して来院された方など、炎症の起きている場所では、血管が拡張しており、麻酔液が浸透していきません。
従いまして、通常量より多く麻酔しても全く効かない方もあります。

このようなことが無いように、痛みや違和感を感じましたら、限界まで挑戦しないで、お早めのお手当をおすすめいたします.

また、定期的なチェックアップにより、虫歯や歯槽膿漏の予防にも繋がりますので、治療が完了した方にも、定期的なチェックアップを、おすすめいたしております。

歯科治療のことなら
渋谷区初台のデンタルコンシェルジュ

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック