<< 無痛治療について | main | 知覚過敏について(歯がしみる)2 >>

知覚過敏について(歯がしみる)

 
歯科医院にいらっしゃる方の中には、
「歯がしみちゃってね・・・虫歯かな〜」と思って、おそるおそる足を運ばれる方が、意外に多いものです。
拝見してみると、虫歯ではなくて、「知覚過敏」という状態のことがよくあります。

これは、歯の根本の部分が、過敏になっていて、冷たいもの熱いものに過敏に反応してしまう状態を言います。虫歯ではないので、軽い方は何もしなくても収まってしまう場合もありますが、中には、ほおっておくと危険な場合もあります。

歯ブラシで歯の根本を削ってしまっていて、そこが虫歯になっている場合や、かみ合わせのバランスの悪さから、負担荷重によりしみてきている場合や、歯槽膿漏により歯周ポケットから刺激を受けやすくなっている時などです。

このようなことがないかどうかは、拝見して、レントゲンを撮ったりかみ合わせのバランスや、歯の摩耗状態を調べたり、歯周ポケットを測定したり、各種の診査してみないとわかりません。

知覚過敏で見えた方に、「虫歯ではありません。知覚過敏ですね。・・・」とお話しすると、最後まで話を聞かずに、
「なあ〜んだ、虫歯じゃないのか。あ〜よかった。本当に良かった。じゃ〜またね〜・・・」
とお帰りになろうとする方が、よくいらっしゃいますが、本当にほおっておいて良いのか、しっかり調べてもらい、診断してもらうことが大切です。

今回は、本当は虫歯より怖い?「知覚過敏」のお話でした。
 

歯科治療のことなら
渋谷区初台のデンタルコンシェルジュ
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック