根管治療器具導入

先日、根管治療(根の治療)の最新器具を導入しました。ルートZXミニという、根の長さの測定器です。
内藤歯科では従来より、ルートZXは使用中ですが、その最新器になります。根の治療は、その歯の寿命を左右する大切なものですので、なるべくご自分の歯で長く咬めるように、内藤歯科でも最新機器を取りそろえています。
IMG_8084.JPG

歯科治療、インプラントのことなら、
渋谷区初台の、インプラントコンシェルジュ、内藤歯科公式サイト、

http://www.e-shikaiin.com/


クイックホワイトニング

JUGEMテーマ:歯の健康
相変わらず、人気のホワイトニングですが、内藤歯科ではこの度、「クイックホワイトニング」を導入しました。
img107.jpg

今までは、自宅でマウスピースを使用して、2〜3週間かけて、ホワイトニングしていたものを、たったの1回で、その日のうちに、ホワイトニングが完了します。
ホームホワイトニングではよく見られる、痛みや、しみなどが、画期的に減少しました。これなら、安心して、オフィスホワイトニング(歯科医院での、一回で完了するホワイトニング)を、お勧めできます。

いままで、ホワイトニングを「時間がかかるから・・・」、「しみて痛むのがいやだから・・・」とあきらめていた方に、朗報です。

前歯を一回で、確実に白くする、「クイックホワイトニング」、ご関心のある方は、どうぞ内藤歯科にお問い合わせ下さい。

 歯科治療のことなら
渋谷区初台のデンタルコンシェルジュ
http://www.dental-concierge.jp/

http://www.e-shikaiin.com/

 インプラントのことなら
東京は渋谷区初台のインプラントコンシェルジュ
http://implant-concierge.com/



 

入れ歯?インプラント?

 
歯を失ったとき、どの様な方法がありますか?
このようなご相談を受けたとき、

入れ歯
ブリッジ
インプラント

の3通りの方法をご説明することが、あります。
それぞれメリットデメリットがございますが、特に入れ歯について多くの方が、「バネが見えて見た目が気になる・・・」と気にされることが多いようです。

内藤歯科では、「バネの見えない入れ歯」、「入れ歯の様に見えない入れ歯」、も提供致しております。
「プレミアデンチャーシステム」です。

 

これが入れ歯に見えますか?
実は奥歯4本が入れ歯の方の症例です。

実際の入れ歯は、

このような入れ歯が入っています。
このように、「入れ歯に見えない入れ歯」も、「プレミアデンチャーシステム」を使用すれば可能です。
インプラントも、万能ではありません。義歯の方が向く方もございますので、そのような方にも、このようなハイクラスな入れ歯を、製作しております。

ご興味ある方は是非ご相談ください。


歯科治療のことなら
渋谷区初台のデンタルコンシェルジュ
http://www.dental-concierge.jp/

http://www.e-shikaiin.com/

 インプラントのことなら
東京は渋谷区初台のインプラントコンシェルジュ
http://implant-concierge.com/


知覚過敏について(歯がしみる)2

最近また「歯がしみちゃってね・・・」のご相談をよくいただきます。


いわゆる「知覚過敏」のことが多いのですが、「虫歯」の場合は、歯を削ったり、神経の処置をしたりして、速やかに収まることが多いのですが、実は原因によっては「知覚過敏」の方がやっかいなこともあります。

原因としては、
1,不適切なブラッシングによるもの
2,歯周病で歯ぐきがやせたもの
3,かみ合わせが原因であるもの

以上の3パターンがその多くを占めます。
1,の場合は、歯科医院で歯科衛生士さんにブラッシングを診てもらいましょう。磨き方を変えるだけで、収まっていきます。

2,の場合は、歯周病の治療が必要ですが、同時にブラッシングのチェックや、過敏になっている歯根面の保護が必要な場合もあります。知覚過敏用の薬を塗る場合もあります。

3,歯ぎしりや、咬みしめのクセにより、ダメージを受けているもの。歯の表面を保護するエナメル質にヒビが入ったり、神経に炎症が起きたりすることがあります。かみ合わせの力をバランスよくするために、マウスピースを作成して、ダメージを収めていく場合もあります。

このような原因が多くを占めますが、2,3,については、専門の処置を継続していく必要がありますので、より重傷であるとも言えます。

また、ご自分で処置できることとしては、知覚過敏を緩和させる歯磨きペーストの使用があります。市販のものも各種ありますが、内藤歯科ではMIペーストという歯磨き粉を、お勧めすることがあります。CPP-ACPの効果により、徐々に知覚過敏が収まっていきます。



一口に「知覚過敏」といっても、原因によって処置方法は変わってきますので、詳しくは専門の歯科衛生士さんへ一度ご相談ください。



 歯科治療のことなら
渋谷区初台のデンタルコンシェルジュ

知覚過敏について(歯がしみる)

 
歯科医院にいらっしゃる方の中には、
「歯がしみちゃってね・・・虫歯かな〜」と思って、おそるおそる足を運ばれる方が、意外に多いものです。
拝見してみると、虫歯ではなくて、「知覚過敏」という状態のことがよくあります。

これは、歯の根本の部分が、過敏になっていて、冷たいもの熱いものに過敏に反応してしまう状態を言います。虫歯ではないので、軽い方は何もしなくても収まってしまう場合もありますが、中には、ほおっておくと危険な場合もあります。

歯ブラシで歯の根本を削ってしまっていて、そこが虫歯になっている場合や、かみ合わせのバランスの悪さから、負担荷重によりしみてきている場合や、歯槽膿漏により歯周ポケットから刺激を受けやすくなっている時などです。

このようなことがないかどうかは、拝見して、レントゲンを撮ったりかみ合わせのバランスや、歯の摩耗状態を調べたり、歯周ポケットを測定したり、各種の診査してみないとわかりません。

知覚過敏で見えた方に、「虫歯ではありません。知覚過敏ですね。・・・」とお話しすると、最後まで話を聞かずに、
「なあ〜んだ、虫歯じゃないのか。あ〜よかった。本当に良かった。じゃ〜またね〜・・・」
とお帰りになろうとする方が、よくいらっしゃいますが、本当にほおっておいて良いのか、しっかり調べてもらい、診断してもらうことが大切です。

今回は、本当は虫歯より怖い?「知覚過敏」のお話でした。
 

歯科治療のことなら
渋谷区初台のデンタルコンシェルジュ
 

無痛治療について

 
最近、患者様より、「いや〜、最近の注射は痛くないね〜」と言われることがあります。

内藤歯科では、最新のコンピューター制御の電動式麻酔器を使用していますが、こちらを導入してから、特にそうおっしゃる方が増えてきました。


このような注射器ですが、コンピュータ制御のため、人間の指ではまねできないくらいにゆっくり、麻酔を注入していきます。その為、非常に痛みを感じにくく、また浸透性がよいので、長く効果が持続します。従いまして、当院ではインプラント等の、OPEの術前の麻酔にも使用しており、非常に好評です。

しかし、このような最新式の麻酔でも、中には麻酔が非常に効きにくい方もいらっしゃいます。
例えば、虫歯の強い痛みを我慢して数日経過して来院された方など、炎症の起きている場所では、血管が拡張しており、麻酔液が浸透していきません。
従いまして、通常量より多く麻酔しても全く効かない方もあります。

このようなことが無いように、痛みや違和感を感じましたら、限界まで挑戦しないで、お早めのお手当をおすすめいたします.

また、定期的なチェックアップにより、虫歯や歯槽膿漏の予防にも繋がりますので、治療が完了した方にも、定期的なチェックアップを、おすすめいたしております。

歯科治療のことなら
渋谷区初台のデンタルコンシェルジュ